中卒おじさんのクズなりに豊かな日常

主に長い独身生活で培った「食」をメインに色々な事を書いてます!

独身男の唐揚げ&油淋鶏風な食べ方

本日は自分が作る唐揚げ&食べ方のご紹介!

唐揚げの材料&調味料。


一般的には鶏もも、塩胡椒、酒、醤油、ニンニク、薄力粉、片栗粉。


個人的には薄力粉と片栗粉を使う事で多いです!


その辺は様々なレシピが無限にありますからその時々で試すのがベストだと思います^ ^


自分の場合は鶏肉に味付けする時に生姜は家庭的な味になるので入れません。


ニンニク、醤油、みりん、塩胡椒で漬け込みます!


そして唐揚げを美味しくするポイントが二つあって一つ目は2度揚げする事。↓


※一度2分弱様子をみながら揚げて一回取り出したら2.3分置いてまた3.4分くらい揚げると鶏肉が芯まで行き届いてカリカリジューシーな唐揚げになりますのでお試しあれ^_^


そして二つ目は鶏を薄力粉等を付けてから冷蔵庫でしっかりと冷やしておくと揚げる時に油の熱との温度の差でカリカリで美味しくこちらも仕上がりますのでおススメです!↓

※この場合一度に揚げるので目安は大体6分程度!


唐揚げに関しては自分の中だけでもかなり様々な方法があるので今回はこのくらいにしておきますので後はご自身でお好みの方法をお試し下さい^ ^


次にタレ。

油淋鶏風なタレにはネギのみじん切りにお酢と生姜、輪切り唐辛子、砂糖、ごま油で作ります!



まずは唐揚げを美味しく食べた後に油淋鶏風のタレでも食べると二度美味しいから楽しめますよね♪


↑酸味と甘みのある甘辛な中華タレは食欲が止まらなくなるので注意が必要だ。笑



唐揚げ自体もかなり美味しいけどたまには二度楽しむのも悪くない。



いや、むしろ良いよね。笑



トドメの奥義。

唐揚げ×油淋鶏風ソース×米(ヨネ)。



これはレッドカード級の誰もが美味いよねってなる反則なやーつ。笑




タレの甘辛な生姜も効いてる中華タレに浸かってもカリカリ感が残るジューシーなニンニクの効いた醤油味の鶏ももに米が合わさり無双状態のこの三点コンビネーションは米まで止まらなくなる。



これぞ自然に出てしまった究極奥義。



北斗の拳知らない方には申し訳ないですがそれくらいのレベルの料理が生み出す反則技と言う事が言いたかったです。笑

↑何言ってるか分からない。


最後に。

そんな本日ご紹介した手作り唐揚げは様々な調理法があり様々な楽しみ方も出来ますので是非料理しない方なんかにも簡単なので極めて欲しい一品です。



今晩の酒のアテやおかずに唐揚げ&油淋鶏風タレにしてみてはいかがでしょうか?





ヤマサ 油淋鶏ソース 甘酢だれ 580g



《まとめ買い価格!!》大阪王将 唐揚げ(1.2kg)