中卒おじさんのクズなりに豊かな日常

主に長い独身生活で培った「食」をメインに色々な事を書いてます!

赤から 春日井市民病院前店 赤から鍋 名古屋名物

本日は今や全国的に展開している地元愛知では昔からある同じみの、「赤から」で赤から鍋を中心とした実食紹介になります!



お酒を飲みたい時にもたまに無性に辛い鍋なんかを食べたくなる時ってありますよね!!


赤から春日井市民病院前店


自分が住んでいる地元の愛知県では昔から馴染み深い「名古屋めし」の一つでちょくちょく一人なんかでも近所にあるので辛いの食べたい時にはフラっと食べに行ったりします。



早速ですが頼んだメニューを紹介していきたいと思います!



※値段や料理に関しましては場所等によっても異なる場合がありますのでご了承下さい。


まずは大根サラダ


値段は税抜430円。

青じそドレッシングのかかった大根サラダはみずみずしいフレッシュな感じで、おつまみや箸休めにサッパリしているのでよく頼みます。


名物せせり3種盛(赤、塩、味噌)


値段は税抜1090円。

これはビールのおつまみにぴったりな毎回頼むメニューでとにかく想像以上にプリプリした旨みの広がるせせりでボリュームもあるのでカップルや友達とシェアして食べたりできるのでおススメ。


名物せせり3種盛を塩→味噌→赤の順で食べる


焼き順としては自分は塩→味噌→赤の順で少しづつ焼いてビールのおつまみにしています。



そしてお待ちかねの赤から鍋は1番から10番まで辛さが選べて2人前からしか注文はできませんが赤からに行くならほとんどの方が赤から鍋が目当てだと思うのでからこの辺は大丈夫でしょう。



そこまで量が多いわけでもないので一人でお店に来ても2人前であれば成人男性であれば普通に食べられるくらいの量です。

赤から鍋

1人前が税抜990円。

毎回行く度に思うのだが何故2人前からしか注文できないのに1人前でしか記載してないのかは謎ではある。笑


少しでも安く見せるカラクリ的な感じなんですかね?


そして辛さに関しては一番平均的な人気の辛さが3番ですが僕は毎回6番の辛さにしています。


辛いの好きな方は6番で丁度辛くていい感じだと思いますが、ちょい辛いのが好きな位の一緒に来た友人はかなり辛い!と言ってました。笑


具材は豚バラ、つくね、牛ホルモン、豆腐、油揚げ、長ネギ、白菜、もやし、ニラの9種類もの具材が初めに入ってるのは嬉しいですね!



追加で具材は注文できますが追加で注文した事ないくらいに個人的にはいつもこの量で満足しています。


赤から鍋「完成」


具材が煮立ってきたら完成となる。



刺激的な辛さの6番ですが甘さもあるから止まらない美味しさでビールが本当に進みますよね。笑




秘伝の味噌に唐辛子の辛みの効いた甘辛で旨辛なスープはなんともいえないになる美味しさなんですよね!



赤から鍋「実食」


旨辛な赤からスープと具材を酒のアテにチビチビと汗をかきながら食べていく。




沢山の具材がこの特製の赤からスープと非常によく合っていて病み付きになります!




鍋のシメにはきしめん、ラーメン、雑炊からチーズリゾットまであるので良いですよね!




自分の場合はお酒飲む時は少ししか食べない派なのでシメを赤からで頼む事があまりありませんが個人的には名古屋らしい「きしめん」が全部食べた事ありますが一番好きです。




いやぁ美味しかった!!


最後に

今やスーパー等にもスープが売っていたり人気の赤からですが辛い唐辛子と秘伝の味噌が効いた旨辛スープは辛い鍋が食べたい時にピッタリですよね!




うん。久々に赤から行ったので満足でした!



赤から 春日井市民病院前店



それでは長くなりましたが本日は見て頂きありがとうございました♪



イチビキ 赤から鍋スープ5番(ストレート) 750g×2個




イチビキ 赤から鍋スープ15番(ストレート) 750g×2個


赤からきしめん 226g×12個