中卒おじさんのクズなりに豊かな日常

主に長い独身生活で培った「食」をメインに色々な事を書いてます!

ニュータッチ 凄麺 THE・まぜそば 魚粉×醤油ダレ 実食!

こんばんはー!!


本日は「ニュータッチ 凄麺 THE・まぜそば」の実食になります^ ^

ニュータッチ 凄麺 THE・まぜそば

発売日は2018年3月26日。


定価は税別210円。
(スーパー等ではもう少し安く買えます)


カロリーは「まぜそば」と聞くと高めなイメージだが430kcalとカップ麺の中で考えたらそれほど高めでばないのでカップ麺好きとしては範囲内のカロリーで収まっていてくれてる。


中身


フタをめくるとまずはヤマダイ同じみの凄麺の今回はまぜそばなので極太ノンフライ麺入っている。


そしてかやく、後入れの液体スープと魚粉入りのふりかけが入っている。


先入れのかやくを入れてお湯を沸かして入れたら5分待つ


フタの上で液体スープを温める。



極太麺でも5分待てばいいのはなんだか嬉しい。



そんな事を色々と頭の中で考えてたらあっという間に5分が経つ。

カップ焼そばの様にお湯をしっかり切る

お湯を切る湯気が視界を遮ると同時に今回食べる「THE・まぜそば」に期待が膨らむ。



湯をしっかりと切ったらフタの上で温めておいた液体スープを投入して混ぜ混ぜする。



そして魚粉が入ったふりかけを最後にかけたら、、、


TEH・まぜそばの完成!!

完成した瞬間に鰹系の魚粉のいい香りと醤油ダレの濃厚な香りが鼻を突き刺さし食欲を更に刺激する。


かやくにはメンマ、肉そぼろ、ナルトが入っている。


ふりかけは魚粉、ニンニク、ネギ、刻み海苔が入っており出来上がりを見ると写真よりもかなり本格的だ。


更に混ぜる

極太麺にふりかけ等と醤油ダレが絡んで美味しいそぉぉ。。。


フタの裏ばなしで食欲が更に増す


ニュータッチ凄麺シリーズでは同じみのフタの裏ばなしが書いてあり、裏ばなしを見ると更に食欲が増して美味しく食べられるのでいつも読んでます。笑



も、もう我慢できんぞっ!!

という事で食べていきたいと思います。




いやぁこれだけ食を刺激されたら腹ペコです。笑


THE・まぜそば実食!


まずはズルズルッと貪るように一口。



うんめぇぇ!!!


これは中々本格的な味わいだ。



醤油ダレに魚粉の和風感がまぜそばの味をしっかりと再現していてくれてて、コシのある極太麺はモチモチでツルっとしててカップ麺とは思えないほどの美味しさである。



さすがはヤマダイさんの凄麺シリーズ恐るべし!



醤油ダレと魚粉が極太麺に良く絡んで美味しいですな。



醤油ダレにはポークエキス等も入っているので旨みがありますが甘さなどの旨みがしっかりとあるってよりは醤油ダレがキレのある醤油系の味わいでそこに魚粉が上手くマッチした仕上がりになっている。



たまり醤油の様な濃いめの醤油ダレなのですが甘辛さが少ない分サッパリしていて尚且つニンニクも効いてるので◎です。



ですが個人的には更にこのまぜそばを楽しみたいと思い途中から一工夫加える事を決意!笑



魚粉が効いてて和風感も兼ね備えた感じが台湾混ぜそばにも味が近かったので味を途中から台湾混ぜそば風にして食べてみました。



お酢×一味唐辛子プラス

このキレのある醤油ダレと魚粉が合わさったまぜそばに、まろやかな甘さと酸味をプラスする為にお酢と辛さが欲しくなったので一味を入れました^ ^



これがまた美味いのよぉ!←誰?



お酢のまろやかな酸味とがっつりとふりかけた一味の辛みが加わる事で麺を食べた後に残った具や汁に入れて食べる「あの追い飯」をしたくなる濃厚でパンチのある台湾混ぜそばの様な美味しさに早変わり。





勿論そのままでも美味しいのですが卵黄を入れたり更にニンニク増しにしたり様々な自分好みの味を追求できるのでこれは中々おススメのカップ麺となりました!




一工夫による自分好みな美味さと腹ペコで物足りなかったので最後は追い飯をして最後までがっつりと堪能してしまいました。笑




炭水化物のダブルパンチだけは自己責任でよろしくお願い致します。笑



最後に

そんな本日ご紹介した「ニュータッチ 凄麺 THE・まぜそば」になりましたが単体でも勿論美味しいですが色々な味変やトッピングしたりして食べてもより本格的な味わいになると思うので興味ある方は見つけた際に是非手に取ってみてはいかがでしょうか?



若干スープがない分、量に物足りなさは感じましたが一工夫と最後に追い飯する事により満腹になるのでそれを踏まえて考えるとやはりこの位の量が妥当なのかな?とは思いました^ ^



是非ご自身の好きなトッピングや食べ方で堪能してみてください!



それでは長くなりましたが本日は見て頂きありがとうございました♪

www.yuuki-tkyn.com