中卒おじさんのクズなりに豊かな日常

主に長い独身生活で培った「食」をメインに色々な事を書いてます!

三重県 鳥羽の神明神社 「女性の願いを1つ叶えてくれる石神さん」 最強パワースポット!?

本日は連休を利用した旅行のついでなんかにもおススメな個人的に行ってみて良かったスポットのご紹介になります!



場所は三重県鳥羽市相差町(おうさつちょう)にある神社でして「女性の願いを1つだけ叶えてくれる石神さん」のいる有名なスポットが今回ご紹介する神明神社(しんめいじんじゃ)になります。

三重県 鳥羽の神明神社 石神さんとは?

相差町は三重県鳥羽市の志摩半島先端部分にある海の町で「海女の町」としても有名で海女達が海の安全や身近な願いをお祈りしていた事から、女性の願いを叶えてくれる神様と石神様が言われるようになったみたいです!




石神さんのご神体は玉依姫命(たまよりひめのみこと)という女性の神様で玉依姫命は神武天皇の母でもあるみたいです。



そんな「女性の願いが1つ叶う」石神さんのいる夢の様な神社は女性なら一度は訪れてみたいであろうスポットの一つになる事は間違いないでしょう。



と、その前に海女の町として有名な相差町は海女さんの魅力が沢山詰まった町でもあるので少しだけご紹介!


海女の町の魅力が沢山

神明神社に向かうまでに海女の魅力が歩いてると至る所にあり写真の様な不思議な石が置かれています。


この石は「石いかり」と呼ばれ、海女が潜水する際に早く海底に到達するように手に持ち潜っている石の重りで今では漁で使われなくなったそうです。


そして個人的に一番気になるのはこの石いかりに書かれたマーク。



格子の「ドーマン」は、多くの目で魔物を見張ることを表しており、どちらも陰陽道に由来した魔除けのマークみたいです!



星型のマークが「セーマン」といわれ一筆書きで元の位置に戻り書かれ始めも終わりもない事から、魔物が入る余地がない事を意味するマークみたいです!



海女は海に潜る為、一つ間違えれば死と隣合わせ。



ですので危険から身を守り豊漁を願うために海女たちの磯着や漁具にもこのドーマン・セーマンが刺繍されたりしているみたいです。



うん、全ての事に意味があるんだなぁって色々知識にもなりますよね!



更に詳しく海女に関して学びたい方は、、、

相差海女文化資料館

海女に関して学びたい方にピッタリなこちらの資料館は神明神社の近くにありますので入館もなんと無料なので海女について学んでから神社に行くのがおススメです!



館内で様々な海女の歴史が学べる↓

写真は昭和32年の海女さんの潜水作業を等身大のジオラマで再現。


その他の一部↓

この様な蘇民将来の伝説について学べたりその他にも色々と学べる無料資料館となっております!



相差海女文化資料館の詳細はコチラから↓
goo.gl


駐車場もあるので来られた際には是非!



さて、少し本題から脱線してしまいましたがそんな「海女の町」に少し触れながら歩いていると10分程で目的の神社に到着。


神明神社(しんめいじんじゃ)到着


この神社には芸能人やスポーツ選手がお忍びで通うことでも知られている神社で元マラソンランナーの野口みずきさんがこの神明神社で買った「石神さんのお守り」を持って走ったところ、なんとアテネオリンピックで優勝できたなんて有名な話しがあるみたいです!!



神社自体は小さめ神社なのですがパワースポット的な不思議な力を勝手ながら感じてしまいます。



お守り等のご案内↓

到着するとこの様にお守りに関してのご案内等も書いてあります。

いざ参拝



写真の祈願用紙に紙をかけば後はいよいよ石神に参拝となる。



祈願用紙は折りたたみ願い箱があるのでそこに入れます。



参拝方法は2礼2拍手1礼。




心の中でしっかりと願い事を伝えましょう!!




ちなみに男性の場合は「立岩さん」という石神さんの男性バージョン的な海上にある岬の道から拝むスポットもあるので、カップルで子宝祈願をされる場合には石神さんと立岩さんの両方にお願いするのがベストみたいです!!




それと男性のみで神明神社で石神さんに願い事をする場合は母親の名前で願い事を書くと良いみたいです!




自分は彼女と行ったのでカップルとして願い事を自分の名前で書きました。




え?何を書いたのかって??←聞いてない




それは皆様のご想像にお任せ致します。←うざ




そして何とこの神社で願い事をして願いが叶った場合には、またお礼参りをしてもう一度お願いが出来るというチート級に有り難い素晴らしい神社なのである。


神明神社「最強こだわり」のお守り等

写真下の二つ写ったこれが神明神社で大人気の石神さんのお守り(800円)とストラップ(1000円)。



なんとこのお守りは海女さんの手作りで麻の生地は伊勢志摩の土で染めた土染めしてあり麻袋の中には石神さんの石があがった相差の海岸の石入りという「こだわりっぷり」には驚かされたし手作りな所がなんだか嬉しいですよね!



ストラップ型の方は三重県で養殖された「アコヤ真珠」が付けられていて、真珠には恋愛運を上げたり厄除けの効果もあるといわれているそうです。



ストラップには丈夫に結んで願いが叶う様に固く「絆結び」がされていてカップルの方はペアで持つと更に絆がグッと深まるみたいです^ ^




いやぁ、これだけの「こだわりっぷり」を感じられるなら買う価値は十分にアリですね!




そして写真上の二つは資料館で買ったハンカチと石いかり型になったドーマン・セーマンのマークが入った香り石をお土産に買って帰りました。


最後に

そんな本日ご紹介した三重県鳥羽市相差町(おうさつちょう)にある「女性の願いを1つ叶えてくれる石神さん」のいる神明神社のご紹介になりましたが女子旅や家族、カップル、男性にも立ち寄れる旅行や遊びに来た際におススメなパワースポット的存在の最強神社です!



ただし車で来る際には周辺の道が狭かったり、車を停めるのにも一苦労するのでバスなんかで行くのがおススメかと思います。




三重県鳥羽市の方へ遊びに来られた際には是非「神明神社」にも余裕があれば足を運んでみてはいかがでしょうか?




住所:三重県鳥羽市相差町1385


アクセス:鳥羽駅から「かもめバス」に乗り「相差」で下車。そこから神社へ歩いて約5分。




神明神社の詳細はコチラ↓



それでは長くなりましたが本日はご覧頂きありがとうございました♪




関連記事
www.yuuki-tkyn.com