中卒おじさんのクズなりに豊かな食常

主に長い独身生活で培った「食」をメインに色々な事を書いてます!

男の「簡単」濃厚スパイシー挽肉カレー野菜添え!唯一無二の俺カレー!

本日はカレーが食べたいのに普通の家カレーは食べたくない。






なんてワガママな日なんだ。







しかしそんな時は作ってしまえ!!というシンプルな話なのです。






そんな時によく作るのが「自分流挽肉カレー」





キーマカレーとドライカレーの中間くらいのイメージで挽肉カレーを食べたい時は作ってます!





早速ですが色々とご紹介していきたいと思います!!


男の濃厚スパイシー挽肉カレー野菜添え


まずベースとなるのはカレールーと玉葱に挽肉(ひきにく)。




カレールーは今回、THE CURRY(ザ・カリー)の辛口を使い、挽肉は合挽き肉を使っています。




ザ・カリーはコチラ↓


ハウス ザ・カリー 辛口 140g×4個


その他のカレールーでオススメはジャワカレーやディナーカレーの辛口も個人的にはオススメです!!




そして挽肉以外に加えるがトマト、玉ねぎ、ニンニクとなります。




ポイントとしてはやはりカレーと相性抜群のニンニクを隠し味ではなく、みじん切りにして多めに加える事により「男のがっつりカレー感」が出るので、みじん切りのニンニクを多めに加えております!





この辺はお好みの量で自分みたいにがっつりと入れちゃっても、入れなくてもどちらでもOKです!




後はフライパンでみじん切りした玉葱、ニンニクを炒めて挽肉を加えたら塩胡椒をして、トマトを入れ、水を加えたらカレールーを入れて煮込めば大まかな流れとしては完成となります!

※ご自身のやりやすいレシピを参考にしてもらうのが一番かと思います。





隠し味は仕上げにウスターソースをひと回し加えて深みを加え、後はスパイシー感を加えるために少し「ホワイトペッパー」を加えて仕上げてます!





普通に家にあるコショウであればこの辺もなんでもOKです。





コショウ加えると、よりピリッとしたスパイシーで爽やかな辛みが出ますがこの辺もお好みで!





そして野菜はナス、ピーマン、パプリカを素揚げして、冷凍庫にポテトもあったので一緒に揚げて挽肉カレーに今回は添えました。



キーマカレーとドライカレーの違いは?

どちらも挽肉を使うカレーなのですが、キーマカレーは野菜をふんだんに使ったものも多く、ドライカレーには具材が少ないものが多くて乾燥したカレー、又は汁気の少ないカレー全般を示し、ドライカレーに関しては日本独自のオリジナルカレーとのことです!




どちらも挽肉を使うカレーを示しますが、一番の違いとしては水分量に多きな差があるのです!





ドライカレーって確かに謎のカレーでしたが日本独自のカレーということは知らなかったので少し驚きました。笑





少し違いも分かったところで、カレーだけじゃ雰囲気が出ないのでサラダもササッと作っていきたいと思います!



リッチシーザーサラダ

サラダはレタス、オニオンスライス、パプリカ、カニカマにクルトン。




何故リッチシーザーサラダ?なのかは、大好きなシーザードレッシングを家なので好きなだけ調整してかけて食べられるので、多めに今回はかけてリッチに食べました。笑





さぁ、これでカレーとサラダも完成したので...






もう我慢出来んぞ!!!


って事でいざ食べていきたいと思います。


濃厚スパイシー挽肉カレーを食べる


やっとの思いで待ちに待った挽肉カレーを食べられる嬉しさといったら、やっとの思いで手に入れた物や女性と非常に近い感覚の嬉しさがそこにはある。






自分なりに考えて工夫して作ったりする「自分で何かを模索しながら手に入れてく感じ」が男って好きなのでしょうかね?←知らん






おっと!!






話が少し逸れましたが、早速まずは一口バクリっっ!!!







はぁぅうっっ!?←何語







これぞ正にこの日、俺が一番求めてたカレーの味だ!!!






辛口で濃厚なカレールーに煮込まれた挽肉、玉ねぎ、ニンニクに隠し味達が味覚という味覚をこれでもかという位に満たしてくれる。






ありがとう。←はい?






これこそが食が生み出す無限の力を感じる瞬間なのだ。






自分で自分に満足できるこの瞬間はまさに唯一無二。






これぞ自己満足の世界なのだ。






うん。素晴らしいと思う。←ナニガ?






またまた話が逸れてしまいましたが、とにかく食べる度に満たされていくこの挽肉カレーをじっくりと食べていく。




濃厚スパイシー挽肉カレー×野菜


素揚げした野菜達とも一緒に食べていく。





ふふふっ。






ありがとう。←2回目






これまたナスやピーマン、パプリカが濃厚スパイシーな挽肉カレーと良く合います!





トマトも効いてるからドロっとした濃厚スパイシーな挽肉カレーにも関わらずクドくなくて、スパイシー感とニンニクのパンチも効いててむしろ食欲が増していく。←困る





そこにリッチシーザーサラダを挟む事により、チーズのまろやかなコクがこのカレーのスパイシー感を緩和してくれて相性抜群だ。





これは無限ループの組み合わせが完成だ!!





ジワりジワりと汗をかきながらカレーを食べ、サラダもしっかりと挟みつつ食べているとあっという間に完食!





「寂しい」。





もう無くなってしまったという寂しい気持ちになりつつも、納得のいく自分が「この日に食べたいカレー」を作って食べられた事に大満足な結果となりました。


おわりに


そんな本日ご紹介した「男の濃厚スパイシーひき肉カレー 野菜添え」シーザーサラダになりましたが、市販のカレールーだからこそ生み出せる美味しさがあり、尚且つ普段と一味違った美味しいカレーなので、味に飽きたときにオススメなカレーになります。





お店まで本格的な味は求めてはいない。





しかし家のゴロっとした家庭的な味も求めていない。





そんな時にこのひき肉カレーは「家っぽさと店っぽさ」の両方を兼ね備えた唯一無二感のあるカレーですので、ご自身の好きなカレールーや隠し味で作ってみても美味しく仕上がると思うので、興味のある方は是非作ってみてはいかがでしょうか?






それでは長くなりましたが本日見て頂き誠に有難うございました♪