【すき焼きレシピ】男が作る「牡蠣入り」牛すき焼き!

【すき焼きレシピ】男が作る「牡蠣入り」牛すき焼き!

どうも!ユウキと申します!!

本日は自炊男子でもある、自分の作る牛すき焼きのご紹介になります!

早速ですが書いていきたいと思います。


男が作る「牡蠣入り」牛すき焼き

f:id:bona6063593:20191206201556j:image
コチラが今回作った牡蠣入り牛すき焼き。

 

具は白菜、えのき、ネギ、椎茸、糸こんにゃく、牡蠣、国産和牛、豆腐、になります。

 

途中で「もやし」が無性に食べたくなったので、今回は気まぐれで、もやしも入れました!

 

味付けはシンプルに砂糖、醤油、酒になります!

 

大体2〜3人前で「割り下」を作る割合は醤油と酒は同じ比率の100ccで砂糖は30gくらいで味を見ながら作りましょう。

 

砂糖の代わりにみりんを使うなら醤油と酒と同じ割合で入れて大丈夫です。

 

そして牛脂を使って作りましょう。

 

牛脂は甘みのある旨みの詰まった脂なので、これが美味しいすき焼きを作る「最大のポイント」になります!

奮発していい牛肉を買うほど美味い!

f:id:bona6063593:20191204055521j:image
そしてやはりお肉はいい牛肉を使うほど当たり前ですが美味しい。

 

今回はブログ用に奮発して、いい牛肉を買っていますが、普段はもちろん安いお肉です。笑

 

人によっては豚肉や鶏のすき焼きの方がアッサリとしていて好きという人も多くいますので、この辺はお好みで♪

 

作る手順は牛脂を使い、ネギ、お肉を軽く炒めたら、作った割り下を入れて、残りの具材を入れて煮込めば完成です!

 

お肉は焼きすぎると固くなってしまうので、焼きすぎないように赤身が残る程度に軽く焼きましょう。

 

お好みで「生卵」「〆のうどん」を用意したら完成です!

 

さてと、ブログ冒頭のように完成したら実食したいと思います!

実食していきます!

f:id:bona6063593:20191204055512j:image
f:id:bona6063593:20191206201547j:image
まずは新鮮な生卵に付けてバクリと一口。

 

すき焼きってなんでシンプルなのにこんなにも美味いのだろうか。

 

野菜、牛、牡蠣の旨みが割り下に染み込んで合わさり、新鮮な生卵にくぐらして食べるすき焼きは絶品だ!

 

たまにそのまま食べる生卵ナシ派の方もいますが、自分は間違いなく生卵はアリ派だ。

 

この甘辛で濃厚な旨みが詰まった割り下で煮込まれた「具材達」をトロトロな生卵にくぐらせて食べる事により、まろやかになる感じは個人的には、やはりたまらない。

牡蠣も抜群に美味しい!

f:id:bona6063593:20191204055532j:image
そして牡蠣がこれまた美味い!

 

プリプリな旨みが詰まった甘辛になった牡蠣は、海のミルクとも呼ばれるだけあり、生卵のトロトロでまろやかな感じと相性が抜群だ。

〆は定番のおうどん

f:id:bona6063593:20191206205751j:image
そして定番の〆のうどん。

 

個人的には七味唐辛子で風味と辛みを加えて食べるのが好き。

 

相方(彼女)と2人で満腹満足です!

 

残ったすき焼きの割り下とお肉は取っておいて次の日に使います!

次の日は定番の牛すき丼!

f:id:bona6063593:20191206230043j:image
やはりすき焼きの残りの定番と言えば牛すき丼!

 

次の日は余った割り下に水を加えて、酒、醤油、砂糖を牛丼を作る分量つぎ足して、玉ねぎと牛肉を入れて煮込めばあっという間に完成です!

 

豆腐なんかもあれば牛丼ってよりは「牛すき丼」って感じの雰囲気が出て尚良いです!

 

今回ブログ掲載用に綺麗に作っておりますが、「すき焼きの残り」があれば、もちろんそのまま丼にしちゃってOKです♪

 

昨日の具材の旨みが詰まった割り下に足して作った牛すき丼は絶品ですよね!

 

これにて我がすき焼きの一連の流れは終わりとなります。

おわりに

f:id:bona6063593:20191206212157j:image
本日ご紹介したのは自分が作る、牡蠣入りすき焼きをメインにご紹介となりました!

 

すき焼きで余った具材を温かいうどんに入れると「肉うどん」っぽくもなりますし、オムレツや卵焼きの具材として入れても、いつも違ってこれまた美味しいです!

 

カレーうどんやカレーにしても和風感が出て美味しいので、レシピが尽きないのもいいですね!

 

次の日には今回ご紹介した定番の牛すき丼にしてみたり、何かと余っても困る事が無いので、久しく作っていなかった方は今晩すき焼きを作ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは本日は見ていただきありがとうございました♪

 



料理 レシピカテゴリの最新記事